スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 379
昨日 : 518
今週 : 897
総計 : 1773259
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

02-写真・カメラ関連 > カメラ(レンズ交換式)
カメラ(レンズ交換式) : ソニー、懐かしの固定ミラー方式を採用したαを発売
投稿者 : カカオ 投稿日時: 2010-08-24 23:30:35 (3355 ヒット)

SONY(ソニー)は透過型の固定式ミラーを採用したデジタル一眼レフカメラ「α(アルファ)55」と「α33」を9月10日に発売予定です。
α55は1,620万画素で秒間10枚の高速連写、α33は1,420万画素で秒間7枚の連写が可能になっています。またα55はGPSも内蔵。

★ SONYニュースリリース

キヤノンユーザーとしては透過型固定ミラーの一眼レフと言えばEOS RTやEOS-1N RSを真っ先に思い浮かべる懐かしいとも言える方式です。
まぁ当時はNikon & αユーザーだった私ですが(笑)
まずミラーを固定するメリットとしては

1、高速連写を実現しやすい
2、ミラーの上下動によるタイムラグや振動が無い
3、ファインダーがブラックアウトしない
4、ライブビュー中でも位相差AFが使用できる

などが挙げられます。
これだけ見ると他のカメラが何故固定式にしないのかと疑問に思う程ですが、実はこの方式には致命的なデメリットがあります。
それはレンズから入った光をファインダーと撮像面(フィルムやCMOSなど)とに分けるため、どちらも暗くなるという点。
つまり絞りを同じF値にしてもシャッター速度は低下しますし、ファインダーは視認し辛くなるという事。
しかしファインダーに関してはこのα55/α33は何と光学ビューファインダー(OVF)を取っ払ってしまったモデルで、ネオ一眼のように電子ビューファインダー(EVF)を使用するためにファインダーに関しては「暗くなる」というデメリットはありません。
その代わりに表示の遅延や解像度などのEVF独特のデメリットを背負っているわけです。
最近のEVFはかなり高性能で、一昔前のようなストレスはかなり軽減されてきているとはいえ光学ファインダーに慣れている人間にとってはまだまだ厳しい部分があるのも事実。ただホワイトバランスが反映されたりとEVFならではのメリットもありますから、一長一短という所でしょうか。
秒間10連写を必要とするようなシーンではEVFはデメリットの方が多い気もするので、使い所という点ではなかなか難しそうなカメラだと思いますが^_^;

そして普通のクイックリターンミラーなら撮影時にはミラーが跳ね上がるので、AFセンサーなどに分光していた分の光は像面に全て届くようになるのですが、固定式の場合は少ない光のままで露光時間を長く(シャッター速度を遅く)することで帳尻を合わせなければなりません。常時NDフィルターを付けているようなものですね。
ただ最近は高感度画質も改善されてきているので、シャッター速度に関しては以前ほど気を使う事は無くなっているかもしれません。暗い環境下では明らかなデメリットになりますが。
EOS RTなどは特定の用途に向けた「特殊仕様」という感が強かったと思いますが、α55/α33は(光学)ファインダーレスへの過渡期的な位置付けになるのかもしれません。

そうしたデメリットは気になるものの、実売価格で10万円を下回る価格で10コマ/秒のフラッグシップ級の高速連写が実現されているのは凄いと思います。
屋外でのスポーツイベントなどには良いでしょうね。運動会用に買おうかな。
前述の通りEVFなので動きを追いかけるのはストレスがありそうなので、その連写性能を何処で何に対して使うのかというのが難しい所ではありますが。
まぁレンズの事を考えれば3万ほどプラスして7D買いますけど(笑)

しかしソニーに買収されてからの「α」はどうも迷走しているような印象が拭えないのが旧αユーザーとしては残念な所です。
α900などの王道的なカメラが残ってくれているのは救いですが、αレンズが(フル機能で)使えないNEXにαの冠を付けてしまったり、方式の定まらないライブビュー試作機のようなエントリーモデルをあれやこれやと出されてしまうと、「αって何なのかなぁ」って少し寂しいような思いにも駆られてしますね。時代の流れと言ってしまえばそうなんですが、、、

何にしても埋もれていた古めかしい技術を引っ張りだしてきて最新のデジタル一眼に組み込んだ結果がどうなるのか、EOS RTやEOS-1N RSの時代はライブビューなんて無かったですから、それと組み合わせた場合に固定ミラー機はどういう可能性を見せてくれるのか、キヤノンは当然固定ミラーに関する技術は持っているわけですから、現代のEOSにもメリットのある技術なのかという一つのテストケースとしても面白いので注目してみて行きたいと思います^^

★SONY α55スペック
レンズ 交換式(Aマウント)
撮像素子 有効1,620万画素23.5×15.6mm CMOS
モニター 3.0型92万画素バリアングルワイド液晶
注目・特徴 ミラー固定式、10コマ/秒の高速連写
GPS内蔵、バリアングル液晶


★ニュースリリース     SONYニュースリリース

★最安値をチェック     α55 / α33
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオの勝手にランキングはこちらです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

投稿者 スレッド
ゲスト
投稿日時: 2013-5-8 12:07  更新日時: 2013-5-8 12:07
 a line wedding dresses
rather like the Porsche Style P 6780 introduced at Basel final year short prom dresses under 100 dollars . Turns out that Eterna make Porsche Style watches, and that the (watered down somewhat) style could be a much better fit using the Porsche Style brand.鏤




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313