スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 234
昨日 : 436
今週 : 3182
総計 : 1799475
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : カカオ 投稿日時: 2013-02-23 02:35:15 (2032 ヒット)

63回から応募している三軌展ですが、63回、64回と連続入選していたものの賞は付かずという状況でした。
しかし、3度目の正直!65回は佳作賞(加賀ハイテック賞)を頂く事が出来ました。
役目終えて(65回 三軌展 佳作入賞作品)

入賞したのは↑の写真で、実は家の近所(徒歩1分)で撮影した1枚です^_^;
63回は新宿の夕暮れ、64回は汐留の夜景と、都市の俯瞰景観で連続入選していましたが、今回は田舎のスナップ的に撮影したショットが選ばれました。
そして、珍しく「本命」が通りましたね(笑)
私の場合、フォトコンや公募展で何点か応募しても大概は「これが本命だな」という作品は通らないんですが、今回は本命がそのまま通ったのでビックリ。しかも賞付きで。
本命が通るというのは嬉しいものですね^^


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2013-02-08 18:12:54 (787 ヒット)

Digi Practの掲示板は今まで雑談掲示板だけでしたが、質問掲示板を追加しました。
カメラや写真に関する質問、疑問などを投稿して下さい。

http://www.digipract.com/modules/d3forum/index.php?cat_id=5


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2011-09-10 02:56:50 (3607 ヒット)

KQマウントアダプターなるものをQの体験イベントで展示したそうです。
そしてRAYQUALからも早々と各種マウントアダプターが発表されています。

Qは普及型コンデジなどと同じ1/2.3という極小素子を使っていて、焦点距離が5.5倍になるので、望遠系のレンズを付けると面白いかも知れませんね。デジスコの代わりになるかも知れない。
300mmのレンズに付ければ1650mmの超々望遠撮影が可能になるわけです。
だたし中心部をかなり大きく拡大するので、キットのズームレンズなどで実用に耐えるのかは分かりませんが^_^;
まぁ、実際はある程度画素数のある一眼レフの中心部をトリミングしても大差ないでしょうけどね。今は良い拡大ソフトもありますし(笑)

ミラーレスについては日経新聞が「Nikonも年内に参入」と報道してNikon側が「そのような発表していない」とするドタバタがありましたが、それぞれのメーカーが特色を出してきていますね。
しかしこれで国内一眼レフメーカーでミラーレスを出していないのは大御所のNikonとCanonの二大メーカーだけとなりました。
両メーカーともマイクロフォーサーズに参入、、、なんて夢みたいなことがあったら良いんですけどねぇ(笑)

今のミラーレス一眼の売れ行きを見れば、企業としてこの市場を見逃すという選択肢はないと思いますが、おそらく両メーカーとも奇抜なものよりも王道的なものから入ってくるような気はしますね。
しかしPENの仕上がりがかなり高いですから、果たして差別化が可能なのかどうか、、、
まさかフルサイズのミラーレスから入るとか?
それも面白いですけどねぇ。20〜30万円くらいのボディでレンジファインダーは無いにしてもフジのX100みたいな半光学ファインダーとか、そういうのも有ったら楽しいですね^^


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2011-09-09 02:28:41 (2499 ヒット)

高品位な汎用RAW現像ソフトSILKYPIXで有名な株式会社 市川ソフトラボラトリーの運営するWebサイト「SILKYPIX WEB」の企画「THE P-MODE SHOW」に掲載して頂きました。

市川ソフト様にはブログdeフォトコンテストでも長らくご協賛いただいていますが、先日「THE P-MODE SHOWにご出演頂けますか?」とのメールと一緒に企画書が!
突然の事で少々驚きましたが、光栄な事ですし参加させて頂くことにしました。

THE P-MODE SHOWは「みんなのライフスタイルの写真をそれぞれの視点で紹介するサイト」とのこと。そしてP-MODEの「P」にはプライベート、プロフェッショナル、プログラムモード、プリティ、フォトグラフィなどのPの意味があるそうで、自分自身の「P-MODE」でもOKだとか。
と言う事で色々と考えたのですが、私の「P」は

▽PhotographのP
私にとっての「Photograph」は「写真」ではなく「光画」です。
撮影時はスナップの心を持ちつつも「写真はあくまで絵画手法の一つであり、カメラは絵筆の一種」。それが私のスタイルです。
自由度の高いHDRIの手法はその極みで、私にとっては正しく「現実と非現実の狭間を描く光画」です。

▽ProfessionalのP
そして「名古屋モード学園スパイラルタワーHDRI」は、初めて対価を頂いて撮影を依頼されたモード学園4校舎HDRフォト(学校案内同梱ポスター用)の切っかけを作ってくれた1枚で、Professionalとしての第一歩(それにしてはご依頼頂いたのが有名法人で恐縮してしまいますが)と言えるかどうかは分かりませんが、思い入れの強い1枚です。

という感じかな。
自分のライフスタイルにはやはり写真が欠かせませんし、そして今の私にとっての写真、Photographには「スナップ」と「HDR」というワードが欠かせない。過去作もありますが、「SILKYPIX DSP5を使って」との事でしたので、再現像などを施してあります。

因みに私の掲載ページは↓となっています。
http://www.isl.co.jp/SILKYPIX/japanese/special/pmode/index.cgi?m=1315444280
他の方々の写真も素晴らしいものなので、是非覗いてみて下さい。


このサイトやブログdeフォトコンテストを訪れていてくれる方々は既にご存知でしょうが、今の私のフォトライフの中核にはSILKYPIXがあり、HDR作品を仕上げるにもSILKYPIXは欠かせないツールとなっています。
以下、参考までに私のHDR作品作りにおけるSILKYPIXの関係性というか、基本的なワークフローを。

〇1堂菫をSILKYPIXにて素材用にRAW現像
HDRアプリにてHDR化&トーンマッピングして16bitTIFFファイルに書き出し
再度SILKYPIXに持ち込み、仕上げJPEGなどに書き出し

と言うようなワークフローです。
最終的にレイヤーでの作業が必要な場合などはPhotoshopなどを通す場合も有りますが、殆どの場合はSILKYPIXでの仕上がりで満足いくものができます。
,任呂覆襪戮ナチュラルに、ストレートな設定で現像します。△任郎能的にSILKYPIXに持ち込むので、彩度やコントラストなどは抑えた「素材的」な画像にします。では思いっきりコントラストを付けたり、積極的にカラーコントロールをして仕上げます。
当初は全てHDRアプリで仕上げていたのですが、16bitTIFFが扱えるSILKYPIXのお陰で作業性の悪いHDRアプリは殆ど自動で素材ファイルを作るだけの役割で済むようになりましたし、Pro5になってHDR機能が追加されたので、仕上げに入ってから微調整したくなった時にHDRアプリに戻らなくて済むケースもあり、とても重宝しています。
また、ストレート系の素材用JPEG画像の生成から、仕上げのよりイメージングな極端な設定、細かなトーン、カラーコントロールまで、幅広い対応力があるのも魅力の一つです。


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2011-08-13 01:08:56 (3330 ヒット)

この度マンフロットフォトコンテスト「Click for Hope」にて一次審査を通過し、最終審査に残りました。
このコンテストはマンフロット株式会社が主催する東日本復興支援を目的としたフォトコンテストで、一次審査は審査員による審査、そこで選ばれた50作品がWeb上の公開投票審査へ進み、10万件の投票になるまで続けられるそうです。
投票にはツイッターのアカウントが必要になりますが、1投票が100円に換算されて義援金とされるという事で達成されれば1000万円の義援金となるため、皆さん是非是非ご投票の程をお願いします。
もちろん私の作品でなくても構いません。

■Click for Hope
http://clickforhope.manfrotto.jp/

実は運営からお知らせを頂いたのは先月の事だったのですが、Web投票は宣伝したもん勝ちになりかねない部分も否めませんので今まで自身のサイトからの誘導は控えていました。
しかし、それはそれとしてこういうイベントはとても意義のあるものだと思いますし、写真に携わる者としてできる数少ないことの一つだと思いますので、少しでも皆さんに認知して頂いた方が良いだろうと思い直し、こちらに書かせて頂きました。
ただし、くれぐれも知人票としては投じないで下さいね。ハンドルネームでは応募していないので、どの作品が私のものかは伏せておきます。本名ご存知の方には意味無いですが^_^;

そしてご自身の投票と同時に、ブログやツイッターなどをされているかたには是非とも投票の呼びかけをお願いします。
前記の通り、投票にはツイッターのアカウントが必要になるので10万票を集めるのはかなり大変ではないのかと思います。しかし皆でこの輪を広げて行ければ例え10万票に至らなかったとしても大変に意義のある事だと私は思います。
是非皆さんのご協力をお願い致します。


« 1 (2) 3 4 5 ... 16 »




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313