スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 447
昨日 : 461
今週 : 2321
総計 : 1771156
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

  
投稿者 : カカオ 投稿日時: 2013-11-05 17:26:08 (3104 ヒット)

ずっとティザー広告を流していたNikonの新モデル一眼レフ、発表になりましたね。
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/df/index.htm
やはりクラシカルな外観のフルサイズ一眼レフで、名称は「Df」。

外観はF3を思わせるような感じですが、随所に現行モデルとの共通点があり、完全にクラシカルなイメージかと言うと、富士のXシリーズなどほどは徹底されていない感じはあります。特に背面。上面液晶の割り切った表示などは好きですが、背面のデザインはもう少し工夫して欲しかったですね。
シャッター速度だけでなく、ISO感度や露出補正まで専用ダイヤルがあり、マニュアルでの操作を意識した作りですが、気になるのはサブコマンドダイヤル。
触ってみないと何とも言えませんが、見た感じだけだと操作性が良いようには見えないので、重要なダイアルだけに少し気になる所です。
外見のデザインでは、もう少しボディを薄く、そしてグリップは後付けオプションとかにしてくれたら凄く嬉しかったですが、まぁデジタルはボディ内に詰め込まないといけないものが多過ぎますからね。難しいでしょう。

撮像センサーや画像処理エンジンはD4と同じものと言う事ですが、D4自体が少し前のモデルになるので、それを今更搭載する事の意味というのはどうなんでしょうね?
もちろんスペック上に現れる事だけでなく、ダイオードより前にあるマイクロレンズやローパスやUV/IRカットなどの各種フィルター類は普及機とフラッグシップでは違うようですし、D4のそれはかなり良いものであると私も感じてはいましたが、総合的に見て、コストまで含めてみるとD610のセンサーと処理エンジンの方が良いような、、、
まぁ、この辺りの感じ方は個人差がありますし、「フラッグシップ機と同じもの」という安心感は別格の物があるでしょうから、それはそれで意味のあるものなのかもしれません。

心配点や疑問点から入ってしまいましたが、このカメラ、外観がクラシカルなだけの見かけ倒しとは訳が違います。
なんと非Ai系のレンズまでサポートしていると言うから驚き!
何と可倒式の露出制御爪が装備されていて、登録したレンズだけとは言え露出制御が可能になっているんです。
30年以上も前の過去のレンズ資産。メーカーとしてはそこに拘っているとコストばかりが嵩んでしまうので、できれば適当な所で切り捨てて行きたいものだとは思いますが、非Ai系のレンズまでを現行モデルに正式サポートさせてしまう辺り、Nikonと言うメーカーの信念が伺えますね。
とても好感が持てます。

さて、このカメラ、画質はもちろん折紙付きで、操作性も速写性は別としてダイアルによる直感的な操作が可能なのはストレスない撮影には吉でしょう。
気になるのはお値段。
同時期に発売のD610がNikon Directで198,000円(ボディのみ)なのに対して、Dfは278,000円(ボディのみ)と、8万円高。
少し前のモデルとは言え、D800が298,000円(ボディのみ)ですから、ボディとしてはかなり高価な部類に入りそうです。
正直、「D600系のバリエーションモデルで3万円高」くらいを想像していたので意外な価格帯でした。
AFなどはD600系と同等のようですし、おそらくボディそのものはD600系をベースにしつつ、センサーと処理エンジンはD4のもの。センサーとエンジンが同じなのに連写速度が遅いのも、シャッターやミラー周りのユニットがD600系と同等のものだからでしょう。
そう考えて行くと、8万円高を許容できるのかは難しいですね。
非Ai系レンズユーザーの人にはメリットが大きいでしょうし、マニュアル操作の魅力も大きい。
だけど、本当にこの8万円という価格差をどう思うかは、「撮影を楽しみたい」のかどうかと言う部分になってくると思います。
「写真を撮るという事自体の楽しさ」とはまた別の部分にある、「カメラという道具を扱う楽しさ」とでも言うのでしょうか。
例えば釣りで、カーボンファイバーの竿を使った方が「釣果」という「結果」を得るためには圧倒的に優れていても、敢えて竹の竿を使って釣るまでの「過程」を(も)楽しむという人もいます。
その「過程」を楽しむために払う価格差、と考えれば、十分に許容できるものかもしれません。
そう考えればAFの件も私ならMFのAi ニッコールを使うでしょうしね。そうすれば絞りリングで絞りを操作する事もできて、フルマニュアルで使えますから。
でも、それならMF専用ファインダーにして欲しかったなぁ、、、なんて(笑)


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2011-09-10 02:56:50 (3579 ヒット)

KQマウントアダプターなるものをQの体験イベントで展示したそうです。
そしてRAYQUALからも早々と各種マウントアダプターが発表されています。

Qは普及型コンデジなどと同じ1/2.3という極小素子を使っていて、焦点距離が5.5倍になるので、望遠系のレンズを付けると面白いかも知れませんね。デジスコの代わりになるかも知れない。
300mmのレンズに付ければ1650mmの超々望遠撮影が可能になるわけです。
だたし中心部をかなり大きく拡大するので、キットのズームレンズなどで実用に耐えるのかは分かりませんが^_^;
まぁ、実際はある程度画素数のある一眼レフの中心部をトリミングしても大差ないでしょうけどね。今は良い拡大ソフトもありますし(笑)

ミラーレスについては日経新聞が「Nikonも年内に参入」と報道してNikon側が「そのような発表していない」とするドタバタがありましたが、それぞれのメーカーが特色を出してきていますね。
しかしこれで国内一眼レフメーカーでミラーレスを出していないのは大御所のNikonとCanonの二大メーカーだけとなりました。
両メーカーともマイクロフォーサーズに参入、、、なんて夢みたいなことがあったら良いんですけどねぇ(笑)

今のミラーレス一眼の売れ行きを見れば、企業としてこの市場を見逃すという選択肢はないと思いますが、おそらく両メーカーとも奇抜なものよりも王道的なものから入ってくるような気はしますね。
しかしPENの仕上がりがかなり高いですから、果たして差別化が可能なのかどうか、、、
まさかフルサイズのミラーレスから入るとか?
それも面白いですけどねぇ。20〜30万円くらいのボディでレンジファインダーは無いにしてもフジのX100みたいな半光学ファインダーとか、そういうのも有ったら楽しいですね^^


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2010-11-21 01:00:25 (2480 ヒット)

Panasonic(パナソニック、旧松下電器産業)は従来よりも20%ほど小型化されたマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX(ルミックス) DMC-GF2」を12月3日に発売予定です。

◆LUMIX DMC-GF2
GF1の後継機で、コンパクトデジカメルックのミラーレス一眼です。
従来よりも20%近く小型化され、重量的にも20gの軽量化を果たしています。
このサイズはストロボ内蔵のレンズ交換式カメラとしては世界最小・最軽量だとか。
比較写真を見ただけでもかなりの小型化がなされているようで、特に薄さが32.8mmとGF1の36.3mmから3.5mm(約10%)も薄型化されているのは素晴らしく、広角パンケーキレンズの「LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.」と組み合わせると約53mmしかないというのはかなり携帯性の面で有利になりそうです。

他に注目の機能としては液晶がタッチパネル式になった点。
色々な機能がタッチパネルからアクセスできるようになっているようです。

★LUMIX DMC-GF2基本スペック
レンズ 交換式(マイクロフォーサーズマウント)
撮像素子 有効1,210万画素4/3型Live MOS
モニター 3.0型46万画素タッチパネル式液晶
注目・特徴 ミラーレス一眼、タッチパネル液晶
動画の記録時間制限なし

★ニュースリリース    Panasonicニュースリリース

★最安値をチェック    LUMIX DMC-GF2
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオの勝手にランキングはこちらです。


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2010-09-27 02:13:57 (4889 ヒット)

Panasonic(パナソニック、旧松下電器産業)は従来比2倍のAF速度を実現し、フルHDでの60コマ記録が可能になったマイクロフォーサーズ規格のレンズ交換式デジタル一眼カメラ「LUMIX(ルミックス) DMC-GH2」を10月29日に発売予定です。

◆LUMIX DMC-GH2
GH1の後継機です。
俗に言う「一眼ムービー」が可能なカメラで、連続撮影の時間制限がなくメモリーカード容量一杯まで録画可能なのはこの機種だけですし、フルHDで60コマでの撮影(記録でなく)ができるのもこの機種だけ。
多くの一眼ムービーで1080/60i記録を謳っているものは「記録」が60i(60フレームのインターレース走査)であってもセンサーの読み出しは30P(30フレームのプログレッシブ走査)や24Pのもので、それを内部で変換して60iにしているものでした。
つまり実質は秒間24コマ〜30コマ程度でしかないので速い動きがある被写体を追った時などのパラパラ感は強く、ビデオ編集ソフトなどに持ち込む時の利便性などで60iにしているだけなのだと思います。
EOSなどは720/60pは可能なのですが、フルHDで60コマで撮影できる一眼は現状でGH2だけだと思います。要するにAFや露出なども含め現状でまともに「動画用」として使えるのはこの機種が唯一ということになります。
ここまで来てくれると仕事用に「動画用」として1台導入しようかなと思えてきます。
期待していたマイクロフォーサーズのビデオカメラはAG-AF105としてパナソニックから発表されたものの、完全業務用と言うことで予想価格も80万円は下らないだろうということでコスト的に厳しい(基本的にはサブ用ですから)ので、GH2の10万円程度、こなれれば6万円を切るくらいまで期待できる価格帯は魅力。孤立した状態でしか使えないけど^_^;

静止画用としてもかなりのスペックアップを果たしていて、従来比で2倍というAF速度の実現、3dB以上のノイズ低減、2倍の高感度化などが注目です。
AF速度はG1などでもかなり早いと思っていましたが、それのさらに2倍ですか。位相差式と本当に遜色ないくらいまで迫ってきているのではないでしょうか。インタビューなどを読むとコンシューマ向けの一眼レフよりは早くなっているというから、既にコントラストAFが速度の面でも位相差AFを超える時代が来たと言っても過言では無いのかもしれません。
撮像素子は1,605万画素。E-P1を使っていて画素数的には全く不満が無かったので、E-5のようなフィルターチューニングによる画質アップを期待したかったのですが、多画素化の方向だったのは少し残念だとは言え、回路の微細化などで3dB以上ノイズを改善し、2倍の高感度化を実現しているというのですから画質には期待したいと思います。
E-P3(?)には回路の微細化をしたうえで12M、E-5のようなフィルターチューニングのLive MOSがのるのを期待したいですが、この辺りの技術共有ってどうなってるんでしょうか?

連写速度も5コマ/秒となって、かなり動き物にも使えそうなスペックに。EVF(電子ビューファインダー)も153万ドットとなり色々と改善がなされているようなので期待です。
レンズも3Dレンズ「LUMIX G 12.5mm / F12」をはじめ、600mm相当までの望遠ズーム「LUMIX G VARIO 100-300mm / F4.0-5.6 / MEGA O.I.S.」や広角パンケーキレンズの「LUMIX G 14mm / F2.5 ASPH.」などが追加され、25mm F1.4のパンケーキレンズも開発中とのことなのでマイクロフォーサーズはこれからどんどん面白くなりそうです。
GF2にも期待して行きたいですね^^

★LUMIX DMC-GH2基本スペック
レンズ 交換式(マイクロフォーサーズマウント)
撮像素子 有効1,605万画素4/3型Live MOS
モニター 3.0型46万画素タッチパネル式フリーアングル液晶
注目・特徴 フルHDで60コマ撮影可能、ミラーレス一眼、
秒間5コマ連写、0.1秒高速コントラストAF
3.0型タッチパネル式フリーアングル液晶
高精細153万ドット電子ビューファインダー

★ニュースリリース    Panasonicニュースリリース

★最安値をチェック    LUMIX DMC-GH2
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオの勝手にランキングはこちらです。


投稿者 : カカオ 投稿日時: 2010-09-27 01:03:21 (5407 ヒット)

SIGMA(シグマ)は有効約4,600万画素と大幅に画素数アップした「X3ダイレクトイメージセンサー(FOVEON X3)」を搭載したAPS-Cクラスのデジタル一眼レフカメラ「SD1」を発表しました。発売日は未定。

◆SD1
SD15の後継機種か上位機種だと思われます。
撮像素子は同じく三層構造を持つFOVEON X3センサーですが、従来の1,406万画素から4,600万画素へと大幅アップし、サイズも20.7×13.8mmから24×16mmへと大型化。
これにより従来35mm判比で約1.7倍となっていた画角が約1.5倍になりました。
画素数については4,600万画素と言っても通常のベイヤー配列の撮像素子とは違い三層構造の全てを合計して4,600万画素と言うことなので、実質的には1530万画素程度と言うことになりますが、1pixelに対してRGBの三色全てを読み撮るので原理上偽色などが発生せず、ローパスフィルターも不要となるため一般的なベイヤー配列の撮像素子の3,000万画素程度に相当する解像度が得られるとの事です。
SD14やSD15の出す画は癖は強いものの非常に魅力的で、ベイヤー配列などの画素補完型の撮像素子では絶対に出せないだろうと思えるような艶めかしさがありました。
しかし実質468万画素というのと高感度ノイズの出方などがネックになっていたと思うのですが、もしSD14/15の画質がそのまま1500万画素クラスになり、しかもアナウンス通り高感度にもかなり強くなっているとすればこれは凄まじい事です。
一日でも早く実際の作例が見てみたいですね。
従来5点とかなり物足りない感のあったAFも11点へと一気にアップし、記録媒体もSDからCFへと変更。この辺りはハイアマ〜プロの人には嬉しい変更でしょう。

★SD1基本スペック
レンズ 交換式(シグマSAマウント)
撮像素子 有効4,600万画素24×16mm FOVEON X3
モニター 3.0型46万画素液晶
注目・特徴 視野率98%ファインダー、11点AF
FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー
防塵防滴マグネシウムボディ

★ニュースリリース     SIGMAニュースリリース

★最安値をチェック     SIGMA SD1
※発表から間もない時期は検索にヒットしない可能性があります。

★カカオの勝手にランキングはこちらです。


(1) 2 3 4 ... 6 »




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313