スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 299
昨日 : 346
今週 : 299
総計 : 1853638
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  写真四方山話  >  腕を磨くにはフィルムカメラ?
腕磨き フィルムカメラ デジタルカメラ
良く「デジタルは安易にシャッターを切ってしまうので腕が上がらない」と言う話を聞きます。
フィルムは1回シャッターを切る毎にコストがかかっていくので、その分1枚を撮影するために集中すると言うか慎重になるのは確かです。(本来はデジタルでもそうなのですが、あまり意識する人は少ないでしょう)

ただ、ここで疑問。「慎重に撮影すれば腕は上がるのか?」と言うこと。
結果から言わせてもらえば、どれだけ慎重に構図を練って露出とピントを合わせようが駄作は駄作。駄作を少しばかり撮っても意味は無い。
それよりも気兼ねなくたくさん失敗できるデジタルのほうが腕が磨ける、結局はシャッターを切った回数がモノを言うのだと言う考え方もあります。
事実私は10数年フィルムで、しかもフルマニュアルのカメラを使っていましたがデジタルに移行してからの方が確実に腕が上がっていると感じています。
デジタルの場合、撮ってから然程時間を置かずに画像をチェックできる。場合によっては撮ったのその場でチェックできるので、撮影状況を鮮明に記憶しているうちに反省できると言うのも大きいでしょう。
特にフィルム時代は「撮っても無駄だろう」と初めから諦めていたシチュエーションを撮ってみて失敗する事が出来る。これは本当に大きいです。
お金持ちならフィルムでもそうできるのでしょうけど、でもだとしたら安易にシャッターを切ると言う意味は同じになってしまいますしね(笑)

とは言え、1回シャッターを切るのに集中して撮る事もまた大切。
ただそれはフィルムカメラを使えばそうなると言うような簡単な話ではなく、1枚の写真にどれだけの想い、メッセージを込められるかと言うことで、そうすればどんな機材を使おうが自然と写真の腕は上がるはず。
単に慎重に撮影する事が重要なのではなく、何のためにその被写体、構図、光線状態などをチョイスするのかを熟慮する事が重要なのだと思います。
大切なのはデジタルかフィルムかと言うことではなくて、自分に何が必要で何のために写真を撮るのかと言うことを胸に刻むこと、まだそれが分らないのであれば常にそれを自問する事が大切なのではないかな。それが一番難しいのだけれど、、、

結論。腕を磨くには自分のフィーリングに合ったカメラと早く出逢うこと。
これですね(笑)
それがデジタルでもフィルムでもピンホールでも中判でも何でも良いんです。
好きこそモノの上手なれ。です。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:355 平均点:6.34
前
デジタル専用レンズと35mm判対応レンズどちらを選ぶ?
カテゴリートップ
写真四方山話
次
画像の縦横比(アスペクト)について




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313