スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 483
昨日 : 582
今週 : 2192
総計 : 1826737
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  写真四方山話  >  画像の縦横比(アスペクト)について
縦横比 アスペクト 黄金率 黄金分割

フィルム時代は多くの場合、写真の縦横比(アスペクト)は3:2でした。
これは最も一般的だった35mmフィルムの縦横比が3:2だったから。
その後登場したAPSフィルムも3:2でした。
しかし、デジタル時代になって4:3と言う縦横比が一般化しました。
これは早くからCCDなどの撮像素子を取り入れていたビデオカメラなどの縦横比が4:3であったためではないかと思います。
フィルムで言えば中判フィルムの6x4.5判に近い縦横比です。
さらに動画がハイビジョン時代へ移行すると16:9と言う縦横比も登場しました。
デジカメでも16:9と言う縦横比で撮影可能なものが出てきています。
さらにさらに、パソコン上でトリミング(切り抜き)が簡単に行えるデジタル画像では、それらに収まらない縦横比にも簡単に出来ますし、中判フィルムには6x6判のような1:1、つまり正方形のフォーマットも存在します。
カメラの中には撮影時に複数の縦横比を切り替えられる機種も登場し、画像の縦横比が与える影響について少し理解しておく必要が出てきました。
以下にそれぞれの縦横比の特徴を挙げてみます。
ただし、これらは私の個人的見解を多分に含みますのでご注意を。

3:2 35mmフィルムやAPSフィルムなどで使用され、長く親しまれてきた縦横比で、デジタル一眼レフカメラなどではこの縦横比を採用した機種が多い。
横に使っても縦に使ってもバランスが良く、躍動感や遠近感を出しやい。黄金率(黄金比)の1:1.618の比率にも近い見栄えのするフォーマット。
4:3 動画などで長く使われてきた比率で、ビデオカメラを始め多くのコンパクトデジタルカメラや一部のデジタル一眼レフカメラで使用される。
中判カメラの6x4.5判などもこの比率に近く、横で使っても縦で使っても安定感のあるフォーマット。
16:9 ハイビジョンで使用される縦横比で、ハイビジョンビデオカメラや一部のデジタルカメラで使用される。
臨場感が出ると言われているが、それは横向きの画像で縦方向を視野いっぱいに収めた時の事なので、それ以外の環境では使い方に注意が必要。
特にデジカメなどで縦に使う場合は、よほど注意しないと間の抜けた画像になりやすい。横で使う場合も見せ方に配慮が必要。
1:1 中判カメラの6x6判などで使用される縦横比で、現状でこの縦横比で撮影できるデジタルカメラは少ない。
正方形(スクウェア)なので縦横は関係無いが、安定し過ぎるために難しいとされるフォーマットでもある。


上記のように3:2や4:3と言うのは比較的使いやすい縦横比で、長く使われ最も親しまれている理由も分かります。
1:1も昔から使われていますが、やはり難しくチャレンジングなフォーマットだと感じています。上級者向けのカメラにしか採用されないのも分かる気がします。
問題なのは16:9です。
私としてはこれは非常に難しい縦横比で、1:1と同じくプロ向けのフォーマットだと思うのですが、ハイビジョンテレビの普及などで一般向けにも普及しています。
前記のように16:9と言う縦横比が臨場感を発揮するのは「縦方向を視野いっぱいに収めた場合」の事で、小さい画像や画面などではその効果は発揮されません。
もちろん縦方向に使用した場合も同じです。
初心者は特にメインの被写体を中央に持ってきがちですし、AF(ピント)やAE(露出)も何も設定しなければ中央を重視するのでどうしても中央寄りになります。
この場合、左右の空間の使い方が非常に難しくなります。
コンパクトデジカメで3:2ではなく4:3が受け入れられ続けるのにもこの辺りの難しさがあるためではないかと考えています。
メインの被写体が中央にある場合、3:2よりも4:3の方が見やすいのです。
デジカメで16:9を使用する場合にもよほどの注意をしないと難しい縦横比です。

因みに上表の3:2の項目で「黄金率」と言う言葉が出てきましたが、これは物が最も美しく見える比率の事で、黄金比率や黄金分割などとも呼ばれます。
ミロのヴィーナスがこの比率で作られていると言うのは有名ですね。他にも身近なところでは名刺などがこの比率に近いですね。
画像の場合は黄金率の約1:1.618との誤差が3:2が「1:1.5」で7.3%、16:9が「1:1.777」で9.8%、4:3が「1:1.333」で17.6%の差となります。
4:3よりも16:9の方が黄金率に近いですが、前記のような理由もあって黄金率に近ければ良いという物でもありません。
撮影時の事を中心に書いてしまいましたが、出力するときにもアスペクトは様々選ぶことができます。
パノラマなどは16:9以上に横長ですね。これらの特徴を理解した上で、自分の使い方や作画意図に合わせたフォーマットを選べるようになると良いですね。

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:720 平均点:5.83
前
腕を磨くにはフィルムカメラ?
カテゴリートップ
写真四方山話
次
写真を撮るときの「テーマ」について考える




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313