スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 119
昨日 : 450
今週 : 1032
総計 : 1851327
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  写真四方山話  >  超高感度撮影で使いたいカメラは?
超高感度

Nikon D3SとEOS-1D Mark IVが揃って常用ISO12,800を実現し、拡張設定ではISO102,400という超々高感度へ対応してきました。
しかしここで一つの疑問が出てきます。
それはD3Sはフルサイズで1,200万画素と画素ピッチにも余裕があり、取り込む光量が比較的多いのですが、1D4はAPS-Hと一回り小さい上に1,600万画素と画素数も多いのに、何故同じISO感度が使えるのかということ。
キヤノンではEOS 7Dはさらに小さいAPS-Cサイズの撮像素子で1,800万画素の狭画素ピッチなのに常用感度でISO6,400までとEOS 5D Mark IIと同じ感度まで使えます。
これは何を意味するのか。
最近、GANREFというサイトなどで条件を比較的近付けたテストを公開してくれているので、色々と見比べてみるとそのカラクリが見えてきます。

■使えるISO感度はメーカーが決める
まず一つは設定できるISO感度というのはメーカーが決めているという事。
「そんなの当たり前じゃないか」と思われるかもしれませんが、メーカーごと、機種ごとに「ここまでは使える」という「基準」が違っているのです。
例えばNikonのD3Sとキヤノンの1D4を同じ感度で見比べると、当然D3Sの方が圧倒的にノイズは少なくなります。5Dmk2と比較しても1D4の高感度は決して良くありませんから、ベース感度がISO200と一段高いD3Sと比較になるわけがないのです。
比較するなら一段高いISO感度との比較になりますが、それでも微妙な所。
同じキヤノンでも1D4の常用感度の上限、ISO12,800は5Dmk2では拡張設定になっていますが、実際のところノイズ量は大きく変わっておらず「カメラの使い向き」によっても上限の感度を決めているのかなという印象です。
7DのISO6,400に関してもこの狭画素ピッチでよくここまでとは思いますが、当然5Dmk2のそれと比べるようなものではありません。
つまり「常用ISO感度が高い=高感度の画質が高い」とはならないわけです。

■見かけのノイズ量が全てではない
そしてもう一つは見掛け上ノイズレスでも画質的には厳しいという状況もあるということ。
例えば5Dmk2と7Dは同じISO6,400を上限としていますが、パッと見のノイズ量は確かに近いものがあります。
しかし7Dはカラーノイズを積極的に排除していて、コントラストの高いものは分解しますが、コントラストの低い微妙な色は全てなめしてしまい、俗に言う「塗り絵」的な描画になりやすい感じですね。そうしてみると実際の所は5Dmk2のISO12,800に近いくらいです。
5Dmk2を基準にして比べてみると1D4はほぼ同程度かやや良い、7Dは2/3段ほど低いという感じでしょうか。「セッティングとしては7Dや1D4は非常に上手い」という事でもあります。
ただ絶対的な高感度の耐性という意味では5Dmk2という感じでしょうか。
そしてD3Sは5Dmk2よりも1段以上は良いという感じ。

■高感度をメインとして使うなら
もし高感度をメインとして使うのであれば現状ではNikon D3Sが圧倒的でしょう。
同じ感度で比較するようなレベルではありません。
ベース感度がISO200になってしまうので日中のストロボ同調やスローシャッター撮影などの際に問題が出てくる場合もありますが、そういう撮影をしないのであればベース感度が高い事はデメリットにはなりませんから、D3S以外の選択肢はないでしょう。
EOSでは撮像素子が小さい7Dは高感度用としてはやはり問題外となってしまいますが、1D4と5Dmk2ならISO6,400までなら私は5Dmk2に分があると思います。それ以上なら1D4かな。
あとはボディでしょうね。ファミリーや夜景などなら5Dmk2でも十分かなと思いますが、スポーツや野生動物を被写体とするなら厳しいでしょう。

■今後の高感度モデルは?
単純に高感度撮影の事だけを考えると今はNikonが圧倒的な状況ですが、今後キヤノンをはじめとした他のメーカーはどう動いてくるのか。
PENTAXは645Dを低感度専用にして余裕のある画素ピッチを高感度ではなく発色の方に回した感じですが、K-7の兄弟機などで高感度モデルを出す考えがあるのか気になります。
OLYMPUSやPanasonicは撮像素子サイズの小さいフォーサーズ規格を前提とすると厳しそうですし、マイクロフォーサーズの方が忙しそう。フルサイズを持っているSONYも今はミラーレスや動画に今は注力しているのかな。
そうなるとやはり期待はキヤノンですが、ベース感度をISO200以上にするような高感度特化モデルを出すつもりがあるのかどうか。
スポーツ用途で1.3倍が高い支持を得ている以上は1Dをフルサイズにという選択肢は難しいでしょうし、7Dの投入でラインナップが微妙になっているAPS-Cの中級機クラス、二桁Dの後継機がどうなるかも気になりますがAPS-Cでは800万画素に落としても厳しそうだし、そうなると1Dに新しい兄弟機か5Dmk2の兄弟機という事になると思いますが、1Dも高感度路線は外せないでしょうから5D3をフルサイズの1,200万画素で超高感度仕様にしてEOS 3Dを出して3,000万画素の低感度仕様(逆でも良いけど)にすれば良いのじゃないかと思うのですが、、、これも無さそうですね( ̄▽ ̄;)
数年は超高感度はNikonの独壇場ですかね。D700の後継機(D700S?)が同じくらいの高感度に対応してくるとさらにその傾向は強くなるでしょう。
これが爆発的に売れたりしたらキヤノンも本腰入れるかもですね(笑)

プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:274 平均点:4.38
前
一眼ムービーで使うマイクを考える
カテゴリートップ
写真四方山話
次
マナーは技術。写真家として「環境を作る腕」。




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313