スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 224
昨日 : 513
今週 : 2133
総計 : 1852428
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  機材レビュー・コラム  >  レンズレビュー  >  LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.レビュー(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8との比較も)
LUMIX G 20mm F1 7 ASPH M ZUIKO DIGITAL 17mm F2 8 レビュー

まず最初にこのレビューはLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.OLYMPUS PEN E-P1で使用した場合のレビューですので、パナソニックのマイクロフォーサーズ機で使用した場合は使用感が異なる場合があるかも知れませんので予めご了承ください。

このレンズとやっぱり比較したくなるのは同じパンケーキレンズでもあり焦点距離も近いオリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8だと思います。
ただ実焦点距離は近いのですが、35mm判換算値で34mm相当と40mm相当だと実は結構違いを感じたりもします。室内では若干引ききれない感じもあります。
F値はF2.8からするとF1.7は1と1/3段ほど明るくなりますが、ノンフラッシュの室内撮影など暗い環境ではこの差はかなり活きてきます。
例えばF2.8で1/60秒のシャッター速度を確保したい時にISO感度が3200になってしまう時、F1.7であればISO1250で済むようになるわけで、特に高感度に強いとは言い難いフォーサーズではこの差は非常に大きいものがあります。
明るさ以外の画質も中々のもので、パンケーキレンズとは思えない素直な特性だと思います。
開放F値が明るいので周辺減光はそれなりに出ますが、F2.8まで絞ればM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8より少なくなるくらいですし歪みも少なく開放からシャープに使えます。
特に歪みについては殆ど無いと言っても良いほどで、あるいはM.ZUIKOのようにデジタル的な処理も含まれているのかも知れませんが、だとしてもそれと気付けるような部分はありませんから高い画質が得られるレンズと言えるでしょう。
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8の場合はかなりの樽型歪みをデジタル的に補正しているためか、中央部から周辺部に向かう部分で稀に不自然さを感じる事もありますし、それでも樽型の歪みは残っているし、周辺部で甘さが気になる事もあるという感じです(厳しく見ればという事ですが)が、そうした事もほとんど感じられません。
暈け味という事を考えると、これはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8でも同じなのですが「とろけるような」とは行かない印象で、開放ならまだいいのですが絞りこんだ時は暈けを重視して描くような使い方は避けた方が良さそうです。
しかし暈け量はさすがに多く、近接すれば背景をかなり暈かせます。
開放F1.7は↓のようなショットを撮るにも良い感じですね。


一応比較作例も載せておきましょう。1枚目の画像はそれぞれ開放で撮影しています。
構図や距離などを厳密に合わせているわけではありませんが、暈けの違いは分かるかと思います。
ピンが来ている位置はどちらも開放とは思えないシャープ感があります。


こちらは双方ともF8まで絞った画像。どちらも点光源などが入ると絞りの形がはっきりと出ます。
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8の場合は歪みも見て取れますね。



価格的にはLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.のの方が僅かに高い程度で、ほとんど同価格帯。
しかも最短撮影距離は20cmと同じなので、マクロ的に寄る場合は焦点距離の長いLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.の方がより寄れるという事になります。
ここまで書くとM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8よりもLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.の方が圧倒的に良いように思われますが、、、
実はLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.の最大のネックはその大きさです。
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.は径が63mm、厚さが25.5mmとM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8の径57mm、厚さ22mmよりも大きいのです。
径は6mm違います。
「たった6mmかよ!」って思うかもしれませんが、もとが60mm前後なのですから10%も違いがある事になり、携帯性が何より売りのパンケーキレンズでは大きな差です。
マイクロフォーサーズ機、特にPENやGF1などのようにボディそのものも非常にコンパクトなカメラでは実際に付けてみるとその差がはっきりと分かります。
そして径はまだ許せますが、なによりいけないのはその厚さ。
3.5mmの差があって15%ほども違ってきます。カメラの厚み自体が35mm程度しか無いですからね。数字で見ると小さくても実際に使うとその差は結構感じます。
さらにいけないのは「レンズキャップが厚い!」という事。
実際に厚いというよりは、構造の違いでM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8のレンズキャップは装着時の出っ張りが非常に小さく、LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.は大きいという感じ。
倍ほども違います。
結果としてLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.のレンズキャップを外した状態とM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8のレンズキャップを付けた状態が同じ程度の厚みになってしまっていて、携帯時には5〜6mmも厚みに差を感じてしまいます。

「その程度の事、画質に比べれば何だ」という意見もあるかとは思いますが、そもそも画質だけを追求するならパンケーキレンズは選択しないですし、マイクロフォーサーズも選択しないでしょう。少なくとも私の場合は5Dmk2との併用ですし。
スタイルや携帯性と画質のバランスこそマイクロフォーサーズの生命線と信じている私にとってはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8とLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.のサイズの差というのは結構大きな差となっています。
ただ、それでもM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8を持っていてなおLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.を購入したのは「明るさ」と「画質」に惹かれたからであって、普段や昼間の街スナップなどはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8、夕暮れや暗い室内で撮影する可能性が高い時はLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.などのように上手く住み分けさせて行こうと思っています。
ただレンズキャップだけは何とかならないかなぁ、、、ねぇパナソニックさん。
フィルター径が46mmのM.ZUIKOレンズが出るのを期待するしかないか^_^;

最後にデザイン。
私の場合はE-P1のシルバーボディですのでデザインはマッチしません。
当然ですね。GF1のブラックあたりに合わせたデザインだと思います。
デジPENでもE-P2やE-PL1のブラックならある程度はマッチするかもしれませんね。特にE-PL1はベースがGF1のボディのようにも思いますし、ある程度はマッチするでしょう。
EOSなどの場合は「見た目」という意味でのデザインは殆ど気にした事が無いというか、優先順位で行けば一番最後に上がる項目でしかありませんが、PENなどはカスタマイズやドレスアップにはまっているユーザーが多いことから見ても「ルックス」は結構大事なカメラだと思います。私自身もPENにはついついルックスの良さを求めてしまいますね(笑)
だから本当はレンズもそのルックスに合うデザインのものが欲しいのですが、このレンズのデザインという点ではパナソニックもオリンパスもイマイチな感じです。
まぁ一つのボディにだけ使うわけではないですから汎用性が高いというか無難なデザインにしておくのは仕方がない事なのかもしれませんが、パナソニックはボディカラーをあれだけ出すのであればレンズのカラーもせめてブラックとメタリックシルバーくらいは選べるようにして欲しかったし、オリンパスもPENをこれだけクラシック路線にするならレンズデザインももっとクラシカルなものにして欲しいと思います。特にズームレンズはどうにも格好悪い。
機能面を考えずドレスアップだけを考えるならオールドレンズやコシナから出ているL/Mマウントのツァイスやフォクトレンダーなども良いのですが、こういうデザインのレンズを純正で用意してくれないかなぁと願う今日この頃です。
E-P1(のシルバー)で使うという前提であればデザインの軍配は当たり前ですがM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8ですね。GF1のブラックで使うなら逆になりますが。

で、このLUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.ですが、M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8と近いようで意外と住み分けもできそうなので2本持つのも良いと思いますし、例えばズームキットでPENを買っていて、単焦点レンズを追加しようと考えた時にM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8ではなくこちらを選ぶというのもありだと思います。特にブラックボディをお持ちの方は(笑)
円形絞りが採用されていない事が本当に残念ではありますが収差の少ない画質の評価は高いと思いますし、価格からすれば十分な性能を持っていると思います。
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8と比べてしまえば大ぶりであるとはいえ、F1.7の明るさでこのコンパクトさというのは有り難いですしね。
マイクロフォーサーズを使うなら持っていて損の無いレンズだと思います。

LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
画質 ★★★★☆ ★★★☆
操作性 ★★ ★★
携帯性 ★★★☆ ★★★★★
デザイン ★☆ ★★★
コストP ★★★ ★★



★最安値をチェック   LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.


プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:468 平均点:5.60
前
初めてのL単はやっぱりマクロだった(EF100mm F2 8Lマクロ IS USM レビュー)
カテゴリートップ
レンズレビュー
次
EF70-200mm F2.8L IS USM(I型) 開放での甘さとフレアの多さが泣き所




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313