スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 118
昨日 : 450
今週 : 1031
総計 : 1851326
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  写真四方山話  >  写真という言葉が嫌いだ
写真 フォトグラフ
私は写真は大好きですが、実を言うと「写真」という「言葉」はあまり好きではありません。
他に置き換える言葉もないので使いますけどね^_^;
なぜあまり好きではないかと言うと、写真という言葉は「真実を写す」って感じなんですが、私の持論として「写真(カメラ)は真実を写さない」と言うのがあって、だからこそ面白いと思っているというのがあるんです。
もちろんネイチャーフォトや報道写真、ドキュメンタリーなど、真実を写し伝えることが美学のものもあって、それを否定する気はさらさらないですし、私自身そういう写真も好きで撮るのですが、アート的な表現としての写真はやはり現実を切り取っているだけでは面白くない。そこにイメージを重ねて心象を表現して行くから面白いと思っているんですよね。

今、「真実」ではなく「現実」という言葉を使いましたが、実は写真って「真実=現実」という意識がものすごく強いジャンルだと思うんです。
個人的な見解になりますが、そもそも3次元の物体を2次元に置き換え、限定された視野(フレーム)に切り取る時点で絶対的に「真実」でも「現実」でもないですし、レンズを通してフィルムに感光させたりDSPで演算させたりして画像を得て、そこからまたプリントするなり何なりしてと出力するとなると、もう現実やら真実とはかけ離れてきます。最近流行りの3Dでもやはり違う。

自然写真家などが真実(現実)に近付けようとする努力は素晴らしいと思いますが、私にとってはそれすらが「現実に近付けるという表現」の一部であって、それだけが「真実そのもの」では無い。
要するに絵画の写実派と抽象派みたいなものでしょうかね。
私はピカソなどの抽象画家でも時にはリアリズム画家よりも強烈に「真実」を描いていると思っています。
「真実」というのは、その写真や絵画(に限りませんが)を見た人の脳内で描かれるものだと思っているので、そのためには必ずしも「現実に忠実な描画でなければならない」というわけではないと思います。もちろんそれこそが何より重要な場合もあるでしょう。
要するに表現する側の「意図」によるという事ですね。

そこへ行くと「Photograph(フォトグラフ)」という言葉は気が利いている気がします。
直訳すると「光画」という所でしょうか。つまり「光で描いた画」だと言うことですね。

写真の大本はピンホールカメラのように狭い隙間を通った光が描いた像を画家がなぞって書き写していたもの(カメラ・オブスクラ)だとか。
それを絵筆を使わずに直接焼き込む技術(感光材)が開発されて、穴からレンズに変わってと、写真は正に「画」なんですね。使う道具が筆とキャンバスからレンズとフィルムに変わっただけ。

そうしてみると真実(現実)を写すかどうかは写真の本質では無くて、個々の精神的な主義や趣向に委ねられる部分が大きいというのが分かってもらえると思います。
もっとも、カメラ・オブスクラを使う理由はリアリズムの追求という要素が強かったでしょうから、「真実(現実)を写す」という傾向が強くなる事もまた致し方ない事ではあるわけですが。

ただ、ありのままを写す(伝える)というのも一つの表現ですが、「それだけ」に捉われてしまっては面白くないし、囚われる必要もない。
だから「写真」っていうと何だかとても限定されている印象を受けてしまって、「写心」ってのも好きではあるんですが、これも逆に限定的な印象があって、、、
でも「しゃしん」で浸透しているからその言葉を使い続けるわけなんですけどね。「光画」と言っても誰にも通じないだろうし^_^;
ささやかな抵抗として「写真コンテスト」とは言わずに「フォトコンテスト」と言ってみたりはしますけどね(笑)

前述のように私は「真実を写す事」は「現実を写す事とは限らない」とも思っているので、そう考えればまぁ「写真」でも良いわけですが、多くの場合写真で「真実」というとそれはイコールで「現実」となる場合が多いような気がしていて、そうなってしまうと「写真」という言葉はもの凄く限定的な響きを持って聞こえてしまう。
「写真家」よりも「フォトグラファー」と呼ばれるようになりたい。そんな今日この頃でした。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:126 平均点:5.40
前
作品として描くか、記録として残すか
カテゴリートップ
写真四方山話
次
自分にとって写真とは何なのか?




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313