スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 189
昨日 : 588
今週 : 2735
総計 : 1741318
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  HDRI入門(HDRフォト)  >  最強のコンポジット写真?HDR+コンポジットノイズ除去
コンポジット法 コンポNR ノイズ除去 Photoshop フォトショップ HDRI HDR トーンマッピング

☆★☆ 最強のコンポジット写真?HDR+コンポジットノイズ除去 ☆★☆


いよいよコンポジットによるノイズ除去(以下、コンポNR)とHDRの組み合わせのテストです。
コンポNRって何?どうやるの?って方はフォトレタッチ入門カテゴリの理想的なノイズ対策「コンポジット法」とは?コンポジット法でノイズ除去してみようを参考にして下さい。

ベース画像は引き続きEOS 5D Mark IIのISO6400(sRAW)で撮影した画像。
マッピングパラメーターはPhotomatix Pro 3の「既定」というセッティングで統一しています。
1枚目はコンポNR無しで普通に3枚でHDRにしたもの。
さすがにここまでノイズが多い画像がベースだと暗部は半端ない状況に^_^;
右下が特に酷いのは暗い上にEF17-40での撮影のため周辺減光の影響もあると思います。



■2つのアプローチ
コンポNRとHDRを組み合わせるには二つのアプローチがあります。
まず一つはコンポNRを先に行っておいて(素材画像のノイズを減らしておいて)からHDR生成ソフトに持ち込んでHDR化&トーンマッピングを行うという方法。
そしてもう一つは先にHDR化&トーンマッピングを行っておいて、後にコンポNRを行う方法です。
↓は1つ目の方法。


こちらは2つ目の方法。


等倍の切り出し画像。
上からコンポNRを行っていないHDR、先にコンポNRを行ったHDR、後でコンポNRを行ったHDRです。
先でも後でもコンポNRを行うとノイズは劇的に減っているのが分かります。
やや明るさなどに差が出ましたが、コンポNRが先か後かでノイズ量に大きな違いは無いように見えます。





■どちらの手順を選ぶか
画質に大きな差が無いとしたら、どちらの手順を選ぶのが良いのか。
8枚の画像を3回も重ねるのは結構な手間なので、生産性という事を考えるとPhotomatix Pro 3のバッチ処理で自動でトーンマッピングをさせてしまってからコンプNRを行った方が楽ではあります。ただしパワーの無いCPUだと計算に時間がかかるかも知れません。
逆に少々手間でも先にコンプNRをかけておいてPhotomatix Pro 3やDynamic-Photo HDRなどに持ち込めば最終的な仕上がりのイメージを持ちながらマッピング設定を詰められるので、そういう意味ではやりやすい部分もあります。
実際に試してみて、画像によっても使い分けるのが良い気がします。


■Photomatix Pro 3でのバッチ処理の方法
HDR化&トーンマッピングを先に行う場合で、Photomatix Pro 3で行う場合はバッチ処理を使うと便利です。
同じマッピング設定で、設定した枚数ごとに自動で処理をして行ってくれます。



こんな感じで設定。後は待つだけです。



■まとめ
因みに↓はSILKYPIXも使って最終的に仕上げた画像ですが、もちろんノイジーではあるもののISO6400の画像をベースにしたHDRだとはとても思えない仕上がりになりました。(被写体や構図は別として^_^;)
低ISOできちんと撮った画像をベースにすれば、さらに素晴らしい画像となってくれるでしょう。
手間は非常に掛かりますが、挑戦してみる価値のあるテクニックだと思います。



プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:369 平均点:5.96
前
SILKYPIXでフェイクHDR(その3)仕上げ
カテゴリートップ
HDRI入門(HDRフォト)




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313