スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 49
昨日 : 383
今週 : 432
総計 : 1799961
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  HDRI入門(HDRフォト)  >  SILKYPIX ProでフェイクHDRを作ろう
SILKYPIX Pro フェイクHDR HDRI 疑似HDR

☆★☆ SILKYPIX ProでフェイクHDRを作ろう ☆★☆


フェイク(疑似)HDRが何かやフェイクHDRのメリットについてはフェイクHDRに挑戦を見て頂きたいのですが、ここではPhotomatix Pro(フォトマチック プロ)やDynamic-Photo HDR(ダイナミックフォト エイチディーアール)などのHDRI専用のソフトではなく、汎用RAW現像ソフトである市川ソフトラボラトリーのSILKYPIX Developer Studio(シルキーピックス デベロッパースタジオ)を使用したフェイクHDRをご紹介します。

作例:SILKYPIX Developer Studio Proにて最大設定で3回「自動覆い焼き」を行った画像


■SILKYPIXでフェイクHDRを行うメリット
私はPhotomatix ProもDynamic-Photo HDRも持っていますが、それらのHDRI専用ソフトを差し置いてSILKYPIXを使用するメリットは何なのか?
大きなポイントは以下のようなものです。

☆ ほとんどのカメラのRAWに対応している
まず第一にはRAW現像ソフトなので各カメラのRAWファイルへの対応が早く、対応機種も多いので最新機種でもすぐに使う事が出来るという点。
HDRI専用のソフトでRAWに対応しているものもありますが、この辺りはRAW現像ソフトには敵いません。

☆ イメージを追い込みながら作業を進められる
次にイメージを追い込みながら作業を進めていける点。
HDRI専用ソフトの多くはトーンマッピングの設定は細かくできますが、色やトーン、ノイズやシャープネスといった部分の設定はあまり細かくできないのが一般的なので、ある程度後の作業を予想してトーンマッピングの作業を進めておく必要があり、場合によってはレタッチソフトに持ち込んでみた後に「やっぱり違うな」と再度やり直すという事もままあります。
しかしSILKYPIXの場合は全く逆で、覆い焼きの機能には強度のパラメーターしかありませんがカラーやトーンについては非常に細かな設定ができ、常に最終的な仕上がりをイメージしながら作業を進めて行くことができます。異なるソフト間を行き来する手間もありません。

☆ 仕上がりの品質が良い
そして最後に主観的な評価にもなりますが仕上がりの品質が良いという点。
上記のイメージを追い込みながら作業を進めていけるという事やノイズ処理なども一緒に行いながら作業できるというのもありますし、そもそもが汎用のRAW現像ソフトとして評価を得ていてベイヤー配列の数値からのデモザイクにも一日の長があるというのもありますが、SILKYPIXの「覆い焼き」という機能は色の出現率を調べて独特のアルゴリズムで処理するそうで、そのためか仕上がりも他のHDRソフトで行ったものとは一線を画すものがあり、求めるイメージによっては非常に良い品質の画像が得られます。


■素材の準備
フェイクHDRに挑戦で紹介したのと同じく、素材はギリギリ白とびも黒潰れもしていない画像が最適で、可能であればRAWやTIFFなどbit数の深いデータが良いと思います。
1ショットなのである程度動きのある被写体にも対応できるので、そうした素材から探してみるのも面白いかも知れません。
基本的には通常のHDRよりもノイズ的に厳しいのでコンパクトデジカメなどよりもノイズの少ないデジタル一眼の低感度で撮影したものが最適ですが、ノイジーになっても気にならない被写体であればコンパクトデジカメの画像などからでも可能です。

作例:EOS 5D Mark IIで撮影した画像(カメラ出しのJPEG、リサイズ以外のレタッチ無し)


■ソフトウェアの準備
ソフトウェアは市川ソフトラボラトリー社のSILKYPIX(シルキーピックス)シリーズを使用しますが、この中で「自動覆い焼き」という機能に対応したものが対象となります。
現状ではSILKYPIX Developer Studio ProSILKYPIX Marine Photography Pro3.0が対応しているので、そのどちらかということになります。
Pro版はスタンダード版(現行ではDS4.0)に比べると幾分高価ですが、この自動覆い焼き機能の他にもゴミ取りや局所補正に使えるスポッティングツール、ノイズ整列機能など、アップグレードして損はない機能が盛り込まれているので、もしスタンダード版しかもっていないという人は是非Pro版を検討してみて下さい。
また、Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)があれば選択範囲やマスクを使用したり、レイヤー機能を使用して画像を重ねることもできるので便利です。

SILKYPIX Developer Studio(シルキーピックス デベロッパースタジオ)



プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:322 平均点:5.75
前
フェイクHDRに挑戦
カテゴリートップ
HDRI入門(HDRフォト)
次
SILKYPIXでフェイクHDR(その1)下処理




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313