スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 234
昨日 : 436
今週 : 3182
総計 : 1799475
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  HDRI入門(HDRフォト)  >  SILKYPIXでフェイクHDR(その3)仕上げ
SILKYPIX フェイクHDR 疑似HDR HDRI 仕上げ

☆★☆ SILKYPIXでフェイクHDR(その3)仕上げ ☆★☆


■最終的な仕上げの調整を行う
いよいよ最後の仕上げですが、覆い焼きを繰り返すとやはり眠い印象の画像になるので、その辺りを「調子」タブのコントラストやガンマなどを中心に調整して行きますが、今度は余裕を残さずギリギリまで追い込んで行きます。
露出やハイライトコントローラー、トーンカーブなども使いながら詰めて行きましょう。
カラーに関しては一番最初に設定は基本的に行ってあるので、微妙な色味や調子を変えたことによる変化に対応するくらいだと思いますが、ファインカラーコントローラーなども使いながら仕上げて行きます。
シャープネスやノイズの最終調整もして、HDRにすると撮像素子についたゴミの影などが余計に目立ってくることもあるのでスポッティングツールでゴミの除去なども行っておきます。


 


■最終的な書き出しを行う
全ての調整が済んだら書き出しを行います。
この後にフォトショップなどに持ち込むなら同じようにTIFFで書き出しても良いですが、「ここまでで完成」という事であればJPEGに書き出しても構いません。私の場合は手間をかけた作品の場合は後に再調整する可能性も考えてTIFFとJPEGの両方で保存することが多いです。



■最後にワンポイント
今回のように夜景で晴天の夜空が入ってしまうと、HDRにした場合に空にノイズや色ムラが気になる場合が多くあります。
昼間の青空でもあるのですが、特に暗い所から持ちあがってしまう夜空の場合は顕著です。
これを回避するためにSILKYPIX(Pro)には非常に素晴らしい機能があります。
それが「ノイズ整列」というノイズ処理機能。
素晴らしいのはこの機能はRAWだけでなくJPEGやTIFFにも使えるんですね。
かなり強力なノイズ除去機能でその分だけ弊害も多いのですが、これを強くかけることで空の部分はかなり自然になります。
しかしそのままでは地上部分がディティールの無いノッペリした画像になってしまうので、「地上用」と「空用」の画像をそれぞれに書き出して、フォトショップでマスクを作って合わせようというわけです。
フェイクに限らずHDRはマットな部分があるとノイズが強調されてしまい苦手ですが、このテクニックはそうした画像全般で使用可能です。
「ノイズ整列」は「偽色抑制」のパラメーターと連動した機能なのですが、今回はどちらも最大にかけてみました。
空は非常に綺麗になりましたが、地上はボヤボヤです。
この画像の空の部分だけを先に書き出した画像に重ねるわけです。



これが空の部分の等倍画像ですが、HDR専用ソフトで処理したものよりは遥かに良いとは言え、かなり色ムラとざらつきが目立ってしまっています。


こちらはノイズ整列を最大でかけた画像。
通常はここまで極端にかける必要はないのですが、今回は重ねる用の画像なのと分かりやすいように。
ビルなどではディティールが無くなってしまっている部分も目立ちますが、空は綺麗になりました。


フォトショップでの詳しい工程は省きますが、ブラシでマスクする範囲を大まかに設定して透明度を少し下げる程度の簡単な処理でもかなり空の印象が変わります。


■作例とまとめ
さてこれでSILKYPIXでのフェイクHDRは完成です。
そんなに難しい作業もなく、何度か書き出したり読み込んだりする手間はあるものの、違うソフト間を行き来するよりは遥かにストレスが無く、求めるイメージに一直線に向かいやすいのではないかと思うので、是非色々と試してみて下さい。
以下にそれぞれの工程での画像を順に並べておきます。

ベース画像:EOS 5D Mark IIで撮影した画像(カメラ出しのJPEG、リサイズ以外のレタッチ無し)


工程1:色調などを整えて覆い焼きを最大値でかけた状態


工程2:上の画像を再度読み込んで覆い焼きを最大値でかけ、コントラストなどを調整した画像


仕上がり:再度読み込んで覆い焼きを「50」でかけ詳細を調整、空も別ファイルで書き出し合わせた


如何でしょうか?ベース画像からすると全く印象の違ったものになったと思います。
個人的には工程2の時点で仕上げ作業に入ってもいいかと思いますが、今回はよりハッキリと差が分かるようにもう一段進めて「HDRらしい」感じにまでしてみました。
ご参考になれば^^


おまけ:上の状態から3回ほど最大値で覆い焼きを繰り返すとこのような画像になります。



プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:272 平均点:5.81
前
SILKYPIXでフェイクHDR(その2)覆い焼きを繰り返す
カテゴリートップ
HDRI入門(HDRフォト)
次
最強のコンポジット写真?HDR+コンポジットノイズ除去




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313