スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 49
昨日 : 383
今週 : 432
総計 : 1799961
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  レビュー・コラム  >  機材レビュー・コラム  >  レンズレビュー  >  EF70-200mm F2.8L IS USM(I型) 開放での甘さとフレアの多さが泣き所
EF70 200mm F2 8L IS USM レビュー

既にII型が出ていますが、I型も大変に良いレンズです。
もちろん総合力ではII型が圧倒的。開放からキレがあるし、逆光耐性もかなり高まっているようです。

しかしI型にはI型の良い所があると言うか、今なら中古で10万円を下回る価格で手に入るこのレンズ。
II型は中古でも倍以上している事を考えると、描画さえ気に入ればチェックしても良いレンズかも。

I型のEF70-200mm F2.8L IS USMはボケはズームレンズとは思えない綺麗さがありますが、開放付近ではかなり甘い印象なので1〜2段は絞って使う事が多いです。
逆光にも弱い印象でフレアにはかなり気を使います。フードは必須、フィルターなどは保護フィルターでも基本的には付けません。
暗いシーンで手持ち、もしくは甘くなるのを覚悟でボケ量を活かしたショットを狙うなどのように開放F2.8が必要なので無ければEF70-200mm F4L IS USMが最有力にはなるでしょう。
2倍テレコンを付けてもAFが効くのはメリットですが、1.4倍とは違いさすがに収差が気になりますから、それはあまりメリットにはならないでしょう。

重量はやはりかなりのもので、組み合わせる機材にもよりますが歩き回る撮影の時には基本的に携帯しません。
比較的腕力があって構え方さえしっかりとしていれば数分程度の手持ち撮影が気になるほどではありませんが、長時間構えっぱなしの場合は一脚と組み合わせています。

と、I型のデメリットを先に書いてしまいましたが、要は初めから柔らかい描画を狙うのであればI型も面白いと言う事です。
オールマイティに使うのであればもちろんII型ですが、例えば大きく暈したポートレートとか、フレアをわざと入れた表現とか、そうしたものが好きなのであれば、今の中古価格帯になったからこそ面白味のあるレンズかなと言う感じを受けます。

★楽天で探す
EF70-200mm F2.8L IS USM
EF70-200mm F2.8L IS II USM
EF70-200mm F4L IS USM





プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:41 平均点:3.90
前
LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.レビュー(M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8との比較も)
カテゴリートップ
レンズレビュー
次
EF24-70mm F2.8L USM(I型) 手持ちのレンズの中で最も稼働率の高いレンズ




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313