スポンサードリンク

サイト内検索
新着情報 (日付順)
メインコンテンツ テーマの見つけ方 (2014-7-5 2:21:34)
テーマの見つけ方 以前にこちら でもテーマについて書いていますが、「見つけ方」という観点で整理してみたいと思います。 写真教室に通ったり、雑誌などで添削されると、必ずと言って良いほど言われるのが「テーマを持って撮影しなさい」とか「テーマが不明瞭」といっ ...
ニュース Featured Photos選出 (2013-12-23 4:04:29)
My ポートフォリオ(作品集) 名古屋ポートビル (2013-12-23 3:56:03)
My ポートフォリオ(作品集) 木曽路を歩く (2013-3-1 5:00:08)

アクセスカウンタ
今日 : 299
昨日 : 346
今週 : 299
総計 : 1853638
他サイト更新情報
スポンサードリンク
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

トップ  >  特設ギャラリー  >  さよならビッキー



娘より、妻よりも付き合いの長かった君

庭先で力なく横たわる君を見つけた時、覚悟はしていたのに

どうしようもなく胸を締め付けられたよ

君のおかげで子供たちはとても動物好きになったよ

君がいてくれたから、子供たちは思いやりを覚えたよ

君がいてくれて、本当に癒されたよ

ねえ、君は幸せだったかい?

僕は君の飼い主に相応しかったかい?

君の優しさに甘えるばかりで何もしてあげられなかったね

君が逝って1週間以上たっても子供たちは君を思いだして泣くよ

もう君に何かしてあげることはできなくなってしまったけど

「ありがとう」

それだけしか言えないけど、本当に「ありがとう」

そしてさようなら。せめて安らかに。




2010年・夏、子供たちととても仲の良かった愛猫のビッキーが今夏ついに天寿を全うして旅立ちました。
昨年の春辺りから衰えが目立つようになり、「この夏は超えられないかもしれないね」と言いながらその夏を乗り切り冬の寒さにも耐えてくれましたが、今年の夏の暑さは老体にはさすがに響いたのでしょう。
庭の木の下で横たわっているのを見つけました。

外飼いで10年。私にとっても妻よりも長い付き合いの愛猫との別れです。
猫は死に様を人に見せないと言いますが、子供たちにお別れをしたかったのか、庭先で横たわって動かなくなっていました。
小学校や保育園から帰ってきてビッキーの死を知った子供たちは大号泣。私も思わず涙がこぼれました。
子供たちは一週間以上たっても「ビッキーがいい」と言って涙を浮かべました。一年近くたった今でも何かある度にビッキーの名前や思い出を口にしています。


娘が3歳の頃、ビッキーは4歳頃です。
まだ子供の乱暴な抱っこに慣れていなくて少し表情が硬いですが^_^;



長男が4歳の頃(ビッキーは8歳頃)になると子供の乱暴な抱っこにもすっかり慣れて、諦め顔で脱力。「もぅ、しょうがないなぁ」って感じ(笑)



こんな悪戯をされても大人しく子供たちを見守っているかのようでした。



子供たちにとって生まれた時から一緒にいた猫。
私たち親が忙しくて遊んであげられない時でも、庭でいつまででも三人と一匹で遊んでいました。



本当に人懐っこく優しい猫で、子供たちに乱暴に抱きかかえられても悪戯されても大人しく、決して爪を立てるようなことはありませんでした。
子供が暇してぐずった時は「お外でビッキーと遊んどいで」が口癖に。
彼女のおかげで子供たちはとても動物が好きになり、いたわりと思いやりの心を育ててくれました。
本当にお世話になりました。
今までありがとう。安らかに眠って下さい。


デジタルカメラマガジン 2011年5月号選考〈組写真部門〉にて優秀賞を頂きました。




プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:129 平均点:6.90
前
a thousand winds - 吹き渡る風と共に -
カテゴリートップ
特設ギャラリー




Notice [PHP]: Undefined index: title in file modules/xhld0/class/headlinerenderer.php line 313